株式会社Value スーパーバイザー 隅垣 麻理子 様

株式会社Value スーパーバイザー 隅垣 麻理子 様

株式会社Value 梅田店 店長 吉本 彩代 様

整骨院からダイエットサロンに業種転換

当社の社長が、最初に整骨院を開業したのは2009年のことでした。そして2012年にブログを通じてピープルビジネススクールと出会い、学ばせていただくこととなりました。その学びの中で、「整骨院からダイエットサロンに業種転換する」と突然社長が言い出しました。ただ、整骨院もそれなりに売上があったので、このまま続けたほうが良いのではないかという話もしたのですが、整骨院としてはスタッフに国家資格が必要ですし、社長が現場に出る必要もあったため、今後は国家資格のない女性でも働ける環境をつくり、社長自身は社長業に専念した方が将来成功すると言うんですね。なぜダイエットだったのかと言いますと、それ以前は整骨院内で、脱毛やアロママッサージなど様々な美容のメニューを用意していたのですが、中でも一番人気が高かったのがダイエットだったためです。そこで今後はこれに特化しようということになりまして、2013年にダイエットサロンに業種転換をいたしました。

私たちバリューのダイエット法は、(1)骨盤矯正、(2)セルライトケア、(3)生活習慣アドバイスという3本の柱で体質改善を行うものです。体重を減らすことができたお客様には大変喜んでいただいております。この仕事をしていて分かったことなのですが、体重が減ると、スタイルだけでなくて中身も変化するんですね。自分に自信を持てたり、表情も明るくなったり。そうした姿を見ていると、私たちの仕事は、人生を良い方向へ変化させることができるのだと自負することができます。店舗も6店舗に増え、毎日大変忙しい日々を過ごさせてもらっています。

離職率改善のために、ワーキングコンディションを改善

しかしながら、実は数年前までは離職率の高さに頭を抱えていました。そもそも整骨院という職場は、ワーキングコンディション(労働環境)の悪い店舗が珍しくありません。労働時間もとても長く、毎日のように夜12時まで働かされることもあり、いつしか私たちも、それが当たり前だと思うようになっていたのです。そこで問題となった離職率改善のため「利益のピラミッド」を下から順番に実践していくことにしました。
まず取り組んだのが、ワーキングコンディションの改善です。例えば当社では、スタッフルームのない店舗が多かったのですが、これを全店舗に完備しました。そして完全週休2日とし、半休の日も週一で確保。一週間の労働時間を短縮して40時間とすることで、生産性の向上を図りました。次に給与ですが、クルー(パート・アルバイト)の時給は1200円、社員なら月給23万円のスタートということにしました。そんなに出して大丈夫なのかという不安もありましたが、時給1200円で入ってくれる人というのは、「高い賃金の分、がんばろう」と努力してくれる上、とても高質人財でした。トレーニングでも全くめげることなく、現場ではいつも笑顔で働いてくれています。

求人方法については、高質人財を確保する秘訣として6つのステップにまとめました。それが、「ステップ1:店舗イメージ」、「ステップ2:友人紹介制度」、「ステップ3:お客様からの採用」、「ステップ4:地域社会グループのコンタクト」、「ステップ5:地域社会で行う広告」、「ステップ6:商圏内プログラム(求人広告)」です。普通はやはり、ステップ6の求人広告から始めてしまうと思います。しかし当社では、特にステップ2の友人紹介制度と、ステップ3のお客様からの採用に徹底的に取り組みました。これが功を奏し、今ではスタッフのおよそ3分の1が、このステップ2および3で獲得した人財です。

ガラス張り経営も効果がありました。当社ではほとんどの店長が20代半ばの女の子なのですが、彼女たちに毎月P/L(損益計算書)を作成してもらっているのです。当初は、そんなに若い女の子に数字を扱わせるのは難しいのではないかと危惧していたのですが、実際に任せてみると、黙々とPLを作成し、問題点を発見しては「これを改善するにはどうしたらいいですか」と聞いてくるようになったのです。正しい仕組みを実践することで、人財がしっかりと育つのだと実感しています。
本日は、そんな店長の一人、梅田店の吉本に体験を発表してもらいます。

業界未経験からの採用。そして店長へ。

私はおよそ1年前にバリューに入社し、現在は梅田店の店長をさせていただいております。それまでは、まったく正反対のような会社で6年半勤務しておりました。業種はアパレルですが、仕事のマニュアルもなく、昇給基準も明確ではありません。店長になっても時給は据え置きで、新卒の男性というだけで上司になる人もいたり、悔しい思いもたくさんしました。休日もほとんどなく、たまに休日が取れたとしても、携帯電話がつながる状態にしておかなければなりません。新人が来なくなるのは当たり前で、休憩に行ったまま戻らない人もいましたし、個人ロッカーがなかったために、誰かの財布が盗まれることもありました。
そんな会社を退社し、新しい仕事を探し始めたのですが、求人サイトで希望の条件を入力して検索すると、必ずバリューの名前がヒットするんです。私自身は、美容業界とかダイエットには全く興味がありませんでした。ただ、あまりに何度も検索でヒットするので、ちょっと気になってホームページだけ覗いてみることにしたのです。ホームページを見ていると、「こういう職場で働いている女性って、本当に幸せなんだろうなぁ」と思えたので、とりあえず受けるだけ受けてみようと、応募を決めました。それで縁あって働かせてもらうことになり、いざ働き始めてみると、キャリアパスプランがあってどうすればランクアップできるのかも明確で、「O.T.C(チェックリスト付きマニュアル)などのツールも充実しているので、教える側も教えられる側も仕事が覚えられる流れができていると感じました。今の職場の仕組みを学べば学ぶほど、私自身もスーパーバイザーを目指してどんどんランクアップし、この仕組みをもっと広めたいと思えるようになりました。先日も、当社にタオの栗山さんと林さんをお招きして、企業別スター育成セミナーを開催させていただきました。あるスター候補生から、「どんどん仕事を任せてもらえる環境にいる自分が嬉しい。バリューに来てよかった」と涙を流して感動してもらい、私自身もそんなことを言ってもらえることがとても幸せに思えました。クルーみんなの成長意欲もとても高く、セルフトレーニングをしっかりしてきてくれるんです。「O.T.Cのチェックをしてください」というクルーも多く、私たち社員の対応が追いつかないほどです。こうした成長意欲のあるクルーが、私たち社員のモチベーションを高めてくれる大事な存在なのだと感じ、日々感謝しております。

この吉本の話を聞いたとき、私たちがピープルビジネススクールで学ばせてもらっていることは、当たり前のことではないんだなと、改めて感じることができました。思えば、この仕組みに出会って私の人生も大きく変わりました。中園先生や川村先生には心から感謝しております。これからはその恩返しのためにも、フランチャイズとして成功させたいと思います。

階層から探す

テーマから探す

公開セミナ―日程表

事務局インフォメーション

  • ピープル・ビジネス・スクール
    事務局

    〒103-0023
    東京都中央区日本橋本町2-6-13
    TEL: 03-6661-9600
    FAX: 03-6661-9607
    受付時間:10:00〜17:00
    (年末年始、土日祝日を除く)

トップへ戻る