フォローアップオリエンテーションの実施方法とは?

パート・アルバイトを採用して、1週間から2週間ほど経った頃に実施する「フォローアップオリエンテーション」。実際にどのように進めていけばよいのかをご紹介します。

 

1.実施時期

採用後、1~2週間後に実施します。
この1~2週間後というのは、パート・アルバイトを採用して、入社オリエンテーション終了後、20時間経過後となります。
この20時間の間にモラルや基本業務のトレーニングを受けます。
採用されてから、一通りの基本トレーニングを受けた、この頃になると、具体的な質問が出てきやすくなるのです。

 

2.準備

トレーニング担当のマネジャーが行いますので、事前に30分から60分でスケジューリングし、他のパート・アルバイトのいない静かな場所を用意しておきましょう。
そして、フォローアップオリエンテーションの実施シートを渡し、いつどこでフォローアップオリエンテーションを行うかと、このシートを記入しておいて欲しい旨を伝えておきます。

 

3.実施手順

事前にスケジューリングした日時に以下の手順で行っていきましょう。

  1. リラックスした雰囲気作りと声がけをする
  2. フォローアップオリエンテーション実施シートに沿って、話を聞いていく
  3. 本人からの提案や意見も聞く
  4. 「よく頑張っていますね」「自信を持ってこれからも頑張ってください!」等、励ましと勇気付けを行う

ここでのポイントは、

  • マネジャーは「聞き役」に徹すること
  • 質問・疑問には必ず回答する(その場で回答できなくても後日必ず)

です。

 

4.まとめ

どうしても、業務や通常のトレーニングだけでは、コミュニケーションが不足になりがちです。このフォローアップオリエンテーションを実施することで、慣れないパート・アルバイトの不安や疑問を解消し、信頼関係を築く下地作りにもなります。
早期の離職を防ぐことができ、モチベーションのアップへとつながりますので、ぜひ取り入れてみてください。

  • PBS用語辞典
  • レイ・クロックの5つの教え
  • 経営ブログ
  • ツール販売

このページのトップへ