パート・アルバイトの仕事が出来ない要因とは?

うまく仕事が出来ていないパート・アルバイトはいますか?その要因は何だとお考えでしょうか。

その出来ていないパート・アルバイト自身の問題だけでしょうか?そうでない場合もあります。

 

1     パート・アルバイトの出来ない要因

顧客満足度が低く、売上の悪いような店舗のパート・アルバイト。その要因は何でしょうか。

(1)能力がない

(2)やる気がない

(3)知らない(教えられていない)

たいていの場合は、その個人の「能力の問題」や「やる気の問題」と捉えがちです。

実は、パート・アルバイトが出来ていない原因の80%は、

「知らない(教えられていない)」

なのです。

 

2     実際に確認してみる

実際に出来ていないパート・アルバイトの方に

「あなたはこの業務が出来ていないけれども、教えてもらいましたか?」

と聞いてみてください。

そうすると、

「教えてもらっていません」

という答えが返ってくるのです。

または、

教えてもらったけれど、教えてもらった内容自体が基準を満たしていない、という場合が多いのです。

 

3     どうすれば正しい基準で教えられるか

正しい仕事のやり方を教えてもらっていない

のであれば、出来ていないのも当たり前ですね。

では、どうすればよいのでしょうか。

人を活かす仕組みではO.T.C(オペレーション・トレーニング・チェックリスト)というものがあります。

これは、マニュアルとチェックリストの機能を併せ持つトレーニング教材で自社(自店)のものを作成し、トレーニー(新人)からAクルー(忙しい時間帯に生産性のある仕事ができるレベル)までが使用するツールです。

作業の内容、作業基準、作業手順が明確に示されていて、このツールを使用することで、トレーニングする人によって大きなバラツキが発生することが無いため、「教えてもらっていない」「正しいやり方を知らない」といったことがなくなるわけです。

 

4     まとめ

パート・アルバイトがうまく仕事ができていない要因が、「トレーニング」にある場合が多いということなのです。

まずは、本当に正しい方法を教えられているかを確認してみてください。

O.T.C(オペレーション・トレーニング・チェックリスト)については、また別の記事にて詳しく説明していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

  • PBS用語辞典
  • レイ・クロックの5つの教え
  • 経営ブログ
  • ツール販売

このページのトップへ