4.「成功の前には準備あり」の原則を思い出せ!

面接をする前に

採用活動を行い、応募者に対していよいよ面接が始まりますが、この時、面接を実施するマネジャー間で意思統一をしておかなくてはならない項目は以下とおりです。

以上の内容について、最低確認しておかないと、採用して在籍人数だけは多いが、スケジュールが埋まらなかったり、とんでもないP/Aを採用してしまったりすることになってしまいます。

面接の重要性

応募者は、あくまでもお客様の一人であるということを忘れてはなりません。また、採用後はP/Aの一員として今後の店舗を担ってくれるスタッフです。これは、P/Aの定着、モラールの向上、Q.S.C+Vの向上にとっても重要な問題です。面接はその第1回のコミュニケーションとして、最初のステップであるということを認識していなければなりません。

  • PBS用語辞典
  • レイ・クロックの5つの教え
  • 経営ブログ
  • ツール販売

このページのトップへ