良い人間関係を行う7つのコツ

人間関係には、「相手に与えたとおりに自分に返ってくる」という原則があります。笑顔で接すれば笑顔が帰ってきますし、不快な表情を見せると、相手も鏡に映したように不快な表情になります。リーダーにとって、気分の乱れがなくいつも機嫌が良いことは、一つの立派なスキルです。

(1) 大原則に従う。

自分が他人にしてもらいたいと思うように他の人を扱ってください(ゴールデンルール)。相手の人格を重んじ、敬意を持って接すれば、その人たちもあなたに同じように接してくれるはずです。

 

(2) P/Aを知る。

彼らの関心事を見出してください。彼らの名前(ファーストネーム)を覚えてください。

 

(3) コミュニケーションを持つ。

あなたが何を期待しているかを伝えなければ、P/Aはその期待に応えることはできません。

 

(4) あなたが望む行動を積極的に強調する。

正しいやり方を強調してください。P/Aが正しくやってくれないからといって、くよくよしていてはいけません。

 

(5) “あなたにもできる”という前向きな姿勢を見せる。

スマイル&ハッスルで模範を示すとよいでしょう。

 

(6) 先頭に立つ。

運動部のコーチのような情熱を持って、チームワークを育てるようにしてください。チームワークは楽しいものです。

 

(7) あなたが学んだ原則を実践する

人間関係の技術を生かすには、書物から学ぶだけでは十分ではありません。

 

  • PBS用語辞典
  • レイ・クロックの5つの教え
  • 経営ブログ
  • ツール販売

このページのトップへ