良い「人との接し方」を行うための6つのポイント

ここで書かれている「6つのポイント」は、当たり前のことであり、良く聞くことであり、あなたも良く知っていることではないでしょうか?しかし、それができているかどうかと聞かれると自信をもって「ハイ」とは、なかなか言いにくいことばかり。「知っていること」と「できること」とは本当に違うものですね。一つでもできるようになれたら、人との関係はきっと良い方向に変わる事でしょう。

〈ポイント1〉

相手の人格を尊重する。

自分が他人にしてもらいたいと思うやり方で、他人を扱ってください。あなたが人々に厳然と敬意を持って接すれば、その人達も同じように接してくれるはずです。

 

〈ポイント2〉

心から関心を持っていると感じさせる。

P/Aを含めて全従業員に話しかけてください。彼らの名前(名字と名前)を覚えてください。

 

〈ポイント3〉

相手に何を期待しているかを明確に伝える。

あなたが何を期待しているかを明確に伝えなければ、P/Aはその期待に応えることはできません。

 

〈ポイント4〉

あなたが望む行動を積極的に強調する。

正しいやり方を強調してください。P/Aが正しくやってくれないからといって、あきらめたり、くよくよしたりしてはいけません。

 

〈ポイント5〉

自ら率先垂範する。

“首将、常に全軍の先頭にあり”の格言にあるように、自ら先頭に立って仕事をしなくては、P/Aはついてきません。

 

〈ポイント6〉

感情的に話をしない。

情熱的と感情的は違います。いつも感情的に行動していると、あなたの周りの一部の人にしか慕われません。

 

PowerPoint Presentation
  • PBS用語辞典
  • レイ・クロックの5つの教え
  • 経営ブログ
  • ツール販売

このページのトップへ