S.M.C(店長コース)

セミナーのねらい

店長(施設長)として必要なすべての知識やスキルを学ぶコースです。
マーケティング・マネジメント・目標管理・人事・利益管理・機器の活用・応用心理学など内容的にかなりハイレベルな内容となります。店長(施設長)を「経営者」として育成することがこのコースのねらいとなります。

このセミナーで学ぶこと

  • 店長の将来性を引き出す「セールスアクションマニュアル」
  • 人と店を動かすマネジメントスキル
  • 店長の経営管理(P/L分析)
  • オペレーションコントロール(運営管理システム)

主な対象

  • 店長(施設長)
  • マネジャーとしてのトレーニングを受けていない店長(施設長)
  • ファースト・アシスタント・マネジャー評価の前または後
  • この仕組みを初めて導入する経営者、経営幹部
  • 正社員の教育担当者
  • 「ピープル・ビジネス」の仕組みをある程度導入している経営者、経営幹部

セミナー概要

セミナー名S.M.C(店長コース)Store Management Course
開催日時2023年1月開催予定
定員10名
受講料27,500円(税込)*テキスト代、昼食代が含まれます
会場株式会社タオ ユニバシティ *オンライン参加も可
アクセスMAP 住所:大阪府大阪市東淀川区下新庄5-2-18
最寄駅:阪急千里線「下新庄」駅東出口を出てすぐ
申込期間開催1週間前まで
カリキュラム準備中
講師紹介
講師画像01
ピープル・ビジネス・スクール学長 川村 綾美
1973年に株式会社資生堂入社後、本社チェーンストア教育担当として人材の育成に当たる。出産育児のため退社。10年のブランク後、中園が経営する整骨院にパート・アルバイトとして入社。中園と共に林俊範先生に11年間師事し、アメリカ・マクドナルド流の仕組みを学び店舗に導入する。林先生の逝去後、ピープルビジネスの普及活動を開始。仕組みの根幹となるマニュアル作成と正しい使い方を中心に指導している。女性パート・アルバイトの中から「ダイヤの原石」となる人財を発掘し、マネジャーに育成することをライフワークにしている。
講師画像02
ピープル・ビジネス・スクール主宰 中園 徹 / 株式会社タオ 代表取締役
1962年福岡県生まれ。大学卒業後オンワード樫山株式会社に勤務。1994年大阪にてタオ整骨院を開業。自ら体験した体育会系の経営を実践するが、人材の流失などで壁に突き当たり5年間試行錯誤する。打開策を求めているうちに林俊範先生のピープル・ビジネス・スクールに出会い、悩んでいた解決策がすべてマニュアル化されていることに衝撃を受ける。当時パートだった川村綾美と共に勉強を始め、個店経営の整骨院に仕組みを導入する。標準化された店舗が7店舗になり、女性パートスタッフが稼ぐセラピストに成長する。その後、整骨院をセラピスト主力のデイサービスに業種転換する。2010年。林先生の急逝後、利益のピラミッド経営法の普及活動を開始。「ピープルビジネスを日本の中小企業に伝える」という林俊範先生の夢の実現を目指している。

講座申込後のキャンセルについて

講座開始日の1週間前までに書面など確認が容易な方法でご連絡ください。それ以降のキャンセルはお受けいたしかねます。
やむを得ず欠席される場合でも、受講料は返金いたしかねますのでご了承ください。
代理の方のご受講または別日の録画受講でお願いいたします。

※(土日・祝日・年末年始を除く)